読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この厭世観たるや・・・

日々の所感を絵で書き連ねるブログです。

【東京⇒札幌】鈍行列車の旅④<仙台~松島>

7月27日(日)

料金パックの都合もあり、朝の6:00過ぎにネットカフェを退室。

「せっかくの旅行なので寄り道も大事にしよう!」

――という考えのもと、朝早くから松島へと向かった。

 

●仙台~松島海岸

【7:48 仙石線高城町行き)/所要:38分、410円】

f:id:enseikan:20140727204635j:plain

 雨だと言われていた天気予報が外れた。

心地よい朝の涼風に包まれながら下り立ったは松島海岸駅。

f:id:enseikan:20140727205219j:plain

まず最初に目に飛び込んできたのは……

f:id:enseikan:20140727205329j:plain

クレーン……

なんか大々的な工事をやっていたみたい。

風光明媚よ、どこ吹く風……

 

クレーンや

あぁクレーンや

クレーンや

 

そうこうしている間に開門時間8:00を迎えたので――

f:id:enseikan:20140727210622j:plain

名刹・瑞巌寺へ足を運ぶことにした。

 

しかし、そこで待っていた光景は――

f:id:enseikan:20140727210723j:plain

またもや工事中!!

行き当たりばったりの旅は気楽な反面、下調べをほとんどする暇なく動くので、こうしたアクシデントは付き物だが……さすがに立て続けはキツイ!!

 

今回特に楽しみにしていたのは、漫画『ハチミツとクローバー』の聖地巡礼

漫画は数多くあれど、好きな漫画ランキングTOP3には確実に入るであろう大好きな漫画である。

その中に松島を旅するシーンがあるのだ。

 

こんな風に……

f:id:enseikan:20140727212238j:plain

門の細工に感銘を受けるシーンが印象的だったのだが……

その門の細工すら、

f:id:enseikan:20140727210941j:plain

工事中で幕に隠れてしまっているという……

残念……

 

しかし、本堂以外の拝観場所はどれも目を見張るものばかりだった。

 

伊達政宗の位牌

細かく艶やかな細工が施されており、見る者を圧巻させる。

f:id:enseikan:20140727212454j:plain

伊達政宗の正室・愛姫の墓堂

全体を黒漆コーティングした上での金や極彩色の装飾がなんとも華やかだ。

f:id:enseikan:20140727212700j:plain

聖地巡礼こそ叶わなかったものの、結果的には十分満足することができた。

瑞巌寺いい!

 

 

また、松島といえば五大堂も有名である。

f:id:enseikan:20140727213526j:plain

五体の明王像を安置していることから“五大堂”の名で呼ばれている建物。

 

瑞巌寺で叶わなかった分、ココで聖地巡礼をおこなおうではないか!」

――というワケで、さっそく漫画と見比べる。

f:id:enseikan:20140727213611j:plain

五大堂を左後方から写した中段のコマが……

f:id:enseikan:20140727213827j:plain

まさしくココだ!!

また、下段のコマで3人が渡っていた橋も

f:id:enseikan:20140727213928j:plain

まさしくココだ!!

一応2本の道がつけられてはいるものの、いざ渡ると……

f:id:enseikan:20140727214044j:plain

怖い!!意外と高いし!!

 

そして、五大堂の帰り道では、主人公が引いていたおみくじを引いた。

f:id:enseikan:20140727213633j:plain

ココも漫画のままだ。

f:id:enseikan:20140727214233j:plain

結果は主人公とおなじく「小吉」だった。

f:id:enseikan:20140727214352j:plain

「自分の力を過信する心には失敗の因がひそんでいる」

 

思い当たることが色々あるなぁ……

全体的に良いことが書いていなかったので結んできた。

 

らきすた』の鷲宮神社、『生徒会の一存』の札幌駅、に次ぐ、3回目の聖地巡礼

今回のは特に好きな作品だったこともあり、漫画の世界に入り込んだかのような錯覚すら覚え、楽しかった!!

 

 

最後に近くのおみやげ物屋さんで聞いた、オススメ喫茶店「どんじき茶屋」へ。

そこでは“ずんだだんご”をいただいた。

f:id:enseikan:20140727214840j:plain

ホカホカのお団子に冷たいずんだが載っており、とても美味しかった。

 

名勝を堪能し、美味しいものに舌鼓を打った余韻に浸りつつ、松島をあとにしたのであった。