読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この厭世観たるや・・・

日々の所感を絵で書き連ねるブログです。

【東京⇒札幌】鈍行列車の旅⑤<青葉城址>

松島から来た道と同じルートで仙台へ戻る。

その後、青葉城址へ向かうのであった。

 

●仙台駅前~仙台城跡南

【11:25 市営バス(動物公園循環)/所要:21分、260円】

f:id:enseikan:20140727222728j:plain

バスって苦手。

場所によって乗り口も支払い方法も全然違うから慣れんのだ。

出来ることなら避けたかったのだが……

いかんせん青葉城址は仙台駅から遠いので、バスかタクシーくらいしかないのだ。

 

そうして登った山の上、まず迎えてくれたのは宮城縣護國神社

f:id:enseikan:20140727223133j:plain

さすが、護国神社は普通の神社とは一風異なる雰囲気を有している。

特に集団的自衛権云々が語られる昨今の情勢を踏まえ、ピリピリしている様子は感じ取れた。

 

神社から歩くこと1~2分、有名な伊達政宗像のお出ましである。

f:id:enseikan:20140727223452j:plain

やはり荘厳!!

そして「仙台来たぜ☆」感がある!!

 

伊達政宗像は観光客で溢れているのに――

f:id:enseikan:20140727223717j:plain

隣にひっそり佇む土井晩翠像は誰も見向きもしない……

『荒城の月』も、滝廉太郎の作曲ばかりに注目され、作詞は注目されにくいしな。

しかし、この人気の差はちょっとカワイソウ……

 

 

観光地へ来ると、『徒然草』の「仁和寺なる法師」を思い出す。

ある坊主が石清水八幡宮へ参拝に行ったものの、ふもとの小さな寺社を見ただけで満足して帰ってしまい、肝心の石清水八幡宮へ行きそびれてしまうという話だ。

 

往々にして、旅にはガイドなんていないので、「これでココの見所は一通り回ったよね?見落としていないよね?」と、いつも不安になってしまうのだ。

今日の青葉城址は大丈夫だっただろうか……

もし、あの先に“石清水八幡宮”的な大きな見所があったのに、その手前で満足して引き返していたとしたら、悔やんでも悔やみきれないだろう。

 

そんなヒヤヒヤを抱きつつも、青葉城址をあとにしたのであった。